ペットの購入

ペットを買う前に考えたいこと

近年ペットを我が子のように可愛がる飼い主さんが増えています。

食事や医療に関しても一昔前に比べると充実してきました。

人間の食べ残しや簡単な食事をしていた犬や猫を最近ではあまり見ることがありません。

近頃のペット業界では種類や年齢・体質によって食事の内容も充実した商品を作っています。

同時にペットの中には食事も贅沢になって人間に近いものを好む犬や猫が増えてきました。

そのため、糖尿病や心臓病など人間と同じような生活習慣病に罹ってしまうペットも多くなってきました。

ペット専門の病院も最近は増えてきて今まで治らなかった病気も完治するようになりました。

また、ペットも過保護になり過ぎて躾のできていない犬や猫を見かけることがあります。

例えば散歩中に通り過ぎる人に吠えてみたり、よその犬に噛み付こうとしてトラブル犬がいます。

また、最近多いのが公園や路上を散歩している犬のフンをそのまま放置していく飼い主さんです。

ペットの便は、できるだけ自宅で済ませる習慣を付けて散歩と区別するように心がけたほうがいいです。

もし散歩中にフンをした場合は必ず飼い主さんが自宅に持って帰って処理をすることが大事です。

ペットの躾をすると当時に飼い主さんのモラルも高めたいものです。

また犬の肥満やストレスを溜めないためにも散歩の習慣は大事です。

案外知られていないことに犬を買うときには登録と狂犬病の予防接種が必要になります。

この登録は一生涯に一回だけでいいですが狂犬病の予防接種は年に一回必ず受ける必要があります。

また、犬や猫の悪臭や病害虫の発生を予防して他人に迷惑をかけない飼い方をすることが大事です。

ペットを育てる中で結構面倒なことがあります。

ペットショップでは可愛いだけで飼ってしまい放置してしまう人も中にはいます。

縁があって迎えたペットです、大事に育てたいものです。