ペットトラブル

ペットの近隣トラブルは飼い主しだいで解決する!!

近年ペットを飼う家が増えてきました。

それに伴ってペットに関する雑誌やグッズを数多く紹介されています。

最近では子供の数よりもペットの数が上回ってきています。

特に一戸建の家庭の家では大型犬を買う人も多くなってきました。

中には子供が成人になって子育てを終えた夫婦が寂しさを紛らわすために

ペットを飼う人が増えてきました。

辛いことや悲しいなど誰にも相談できないことなどをペットに話しかけたりすることで

癒された気持ちになったりもします。

会話も少なくなった夫婦でもペットを通して話すことで会話が増えたり、相手の愚痴や不満を

ペットに話すことで二人の間が和んだりします。

長年一緒にいると家族同様の存在になっていきます。

そんな大事なペットでも他人にとっては迷惑な場合もあります。

特にマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると犬や猫の鳴き声がうるさく思う人も結構います。

中には猫や犬の毛がお隣のベランダで舞っていることもあります。

家族の中にはペットアレルギーのため喘息を発症して病院に通う人まで出てきます。

ペット問題は現在に始まったことではありません。

以前はマンションやアパートなどではペットが飼えないが当たり前でした。

もちろん、管理規約にもしっかり「ペット禁止」(金魚・小鳥などは除く)記されていました。

しかし、最近のペットブームもあって集合住宅でも平気でペットを買う人が増えてきました。

賃貸マンションやアパートの場合はトラブルが起きた場合には引越しをすることで解決する場合もあります。

しかし、分譲マンションのようにローンを組んで購入した人達はトラブルが起きても簡単に引越しすることはできません。

なので、管理組合でもペットを巡る問題に頭を抱えているようです。

例えば「ペット禁止」の規約があると告げると逆ギレする人や開き直る人も出てきます。

さらに、マンション購入時に営業マンから「ペットも飼える・・・」ような「曖昧なことを言われた」などと

反論されるため、対応に苦慮している管理組合が多いようです。

ペットを巡るトラブルがこれから益々増えて行くことでしょう・・・

それでもペットを守るのは飼い主のあなたしかいないのです・・・

だから最後まで見捨てないでくださいね!