ペットの医療保険

備えていますかペットの医療費?

平成25年における日本の平均寿命は男性で80.21歳・女性で86.61歳で人間の平均寿命は年々伸びています。

同時に家庭で買われているイヌやネコ・うさぎなどの寿命も人間同様伸び続けています。

とくに犬の平均寿命は30年で2倍近くのびているようです。

この背景には人間とペットの関わりが動物と人間の関係を超えて家族の一員として

大事に育てられるようになったことがあります。

ペットの愛情を一心に受けて育ったペットは野生で育った動物に比べると環境も穏やかで食べ物にも

不自由しないためストレスがほとんどありません。

バランスの取れたペットフードや医療の充実でペットの寿命が伸びていると考えられます。

さらにペット業界も著しく伸びていて店舗には年齢別の専用フードや高齢のイヌやネコ・うさぎ用の

フードや介護用品も充実してきました。

そのため、日本のペットの数は子供の数よりも増えてきました。

今ではペットは家族の一員としての扱い方になってきています。

しかし一方では心配な問題も起きているのも事実です。

ペットの医療も以前に比べると進化してきて手厚く治療が行われるようになってきました。

一昔前までは病気になってもなかなかペットの病院が見つからず手遅れになるケースが多かったです。

最近ではペットの病院も増えてきて医療の進化も目覚しいものがあります。

しかし、ペットの「高齢化」も進んできました。

そのため、ペットの介護事業やペットの保険も充実してきました。

犬の健康も7歳を過ぎると病気やケガになる確率が高くなります。

イヌやネコが医療を受けるときは人間のように保険が適用しません。

なので治療を受けたら実費で治療費を支払う必要があります。

ペットの治療費は症状や治療内容・医療機関によって違ってきます。

また、病気によっては長期に渡って治療を受けなくてはいけない場合も出てきます。

通常往診や不妊手術・交通事故・骨折などで受ける治療によってはビックリする治療費がかかる場合があります。

大事なペットのために飼い主は十分な治療を受けさせて上げたいものです。

そのためにもペットの保険に加入しているといざとなった時に安心して治療を受けさせることができます。