犬

ペットの存在と近隣トラブルの解決方法

最近では近隣住民のトラブルが増えてきました。

中には傷害や殺人事件まで起こっています。

特に「大型犬などの飼い犬」を巡ってのトラブルは年々増えてきています!。

犬の散歩途中にリードを外した大型犬に襲われた子供やお年寄りもいます。

また、マンションやアパートなどで隣にペットと臭いや鳴き声の悩まされている住人の話を聞くことがあります。エレベーター内の臭いや毛の問題もあります。

ペットが家族

特に子供がいない家族やお年寄りの家庭では犬や猫をわが子のようにかわいがっている姿をよく見かけます。

朝夕の散歩の様子もわが子を抱くように連れて歩いている姿もよく見かけます。

一日の大半を同じ部屋で二人で過ごしていてもお互いそれぞれパソコンやゲームに夢中になってほとんど会話のない夫婦も多くなっているといわれる現代、そんな時にわが子以上に夫婦の仲を取り持ってくれているのがペットの存在なのかもしれません。

 

実際、すでに会話の無い夫婦でもペットを通じて会話が成り立つ人も珍しくありません。特に子供がすだってしまって夫婦二人だけなら尚更です。

 

また、相手に対して愚痴や不満を抱えていてもなかなか言えない人が結構おおいようですが、ペットに相手の愚痴や不満を聞いてもらったり、ペットを介して日常の会話が成り立っている夫婦も珍しくありません。

 

アニマルセラピー

辛いことや悲しいことでも気軽に話せるのが大事に育てているペットです。

最近では老人ホームや医療関係でも犬や猫などと一緒に過ごすことで心が癒されたりストレスが軽減したりするという効果(アニマルセラピー効果)が高く評価されるようになってきました。

実際、施設で生活している高齢の徘徊や認知症が軽減されたという人も報告されています。

 

高齢化と人間関係

そんな明るい報告のある一方でペットを巡って多発しているトラブルの原因はやはり飼い方に問題があるのではないでしょうか?

近隣には猫や犬の毛で喘息やアレルギーを発症する人もいます。

また、マンションやアパートなどの集合住宅では管理規約の中に「ペット禁止」や(金魚・小鳥などは除く)などを記されている場合があります。

そんな環境の中で犬や猫を部屋で飼うとなると近隣との必ずトラブルは起こるものです。

近所の人間関係が年をとってから起こると大変なストレスになります。大事なペットを飼う場合はできるだけ「ペット可」の住宅を選ぶことをおススメします。