猫

ペットが住みよい環境になるのは飼い主次第です。

犬や猫など飼い主にジャレつく姿はとても可愛く思えます。

とくに子犬や子猫は散々いたずらや散らかして飽きてしまうと疲れてそのままぐっすり寝てしまいます。

そんな寝顔に飼い主はいとおしく思えるのではないでしょうか?

それでも最近のペットブームには目を見張るものがあります。

ペットショップはもちろんペットホテルやペットの美容院などモールにいくと必ず一角に

ペットショップやペットサロンが設置されています。

モールで飼い主さんに連れられた犬や猫がペットの美容院に入る姿は今では珍しくありません。

少子高齢化で消費は減ってもペット産業は右肩上がりの業績を納めています。

ペットはもはや家族の一員であってライフのパートナーで無くてはならない存在になっています。

多くの人がペットと一緒に暮らすことで安らぎを感じるたり、癒されると思っているようです。

また、ペットを通して仲間を作りたいと思っている人や犬や猫を飼いたくてもマンションやアパートなどの

住宅事情でペットを飼えない人は癒しを求めて猫カフェやウサギカフェといった小動物と増え合える場所を

求める人が最近増えてきました。

しかし、その一方でペットを巡るトラブルも年々多くなっています。

特に犬に関しては飼い主と散歩や運動をさせる目的で外に出る機会が多くなっています。

散歩の途中の犬の「ふん」を巡って住民とトラブルを起こした人もいます。

自分のペットの後始末もしない人や他人の庭先に「ふん」や「おしっこ」をさせる人がそこの住人に

注意される光景も良く見かけます。

また、大型犬が小型犬に襲い掛かってけがをさせてしまった事件もありました。

ペットも社会の一員として生活をしていかなければいけません。

ペットにとって少しでも住みよい環境を作るためには飼い主の意識を高める必要があります。