犬は人間の言っている事を理解できますが、人間と犬とが心を通じ合う事は大変に難しい作業です。

そのため犬のトイレのしつけも大変難しく、犬が言葉を発して【おしっこ!!】等とは決して言ってくれません。そのため犬の細かな行動を感じないと中々わからないものです。

外で飼っている大型犬などなら、まだしも、室内で飼っている犬は必ずと言えるほどトイレのしつけはしなければホント、大変なことになります。

けれど一般的にこのトイレのしつけに苦戦している飼い主さんも大変多いのです。

廊下や玄関ならまだ良い方で、布団などにされては本当に困ってしまいますよね。

犬のトイレのしつけをする際には何を参考にすれば良いのか迷ってしまいます。また中途半端にしつけをするのはよくありません。

特にトイレのしつけは最初が肝心です。家に愛犬として迎え入れたら、直ぐにしておきたいものです。

トイレのしつけはタイミングです。犬が朝起きた時・食事の後等に犬のトイレに誘導してみて下さい。

シートの上をくるくると回って、場所を確かめるような動きをするでしょう。そしておしっこが出た時には、飼い主さんは【シーシー・チッチ】等何でも良いので【おしっこをしている事を解らせる】のです。

根気のいる作業で、犬の行動を気にしていないとなかなか上手くいきませんが、その努力をしなければ、犬はいつまでもトイレを覚える事が出来なくなってしまいますので是非、頑張りましょう。