いつも愛くるしい顔を見せてくれる愛犬はとても可愛いものですよね。
そんな可愛いワンちゃんにも困ることは良くあることです。

最近では室内でワンちゃんと過ごすご家庭が多くなりましたが、
やはり気になるのはワンちゃんの無駄吠えです。

宅配業者が来てピンポンでワンワン、電話が鳴ったら鳴く、
子供が家の近くと通るだけでもワンワン・ワンワンでは、本当に困ってしまいますし、近所の方にも申し訳ないです。

しつけは生後6ヶ月位が勝負とされていますが、実際には大人のワンちゃんでもしつけは可能です。
けれど大人のワンちゃんになってからのしつけはとても難しい事も事実です。

ワンちゃんの無駄吠えのしつけをする時には、ワンちゃんが何故吠えるのかを考えて下さい。
人間・動物に吠える場合には、恐怖・不安感・テリトリー等が挙げられます。

ですので、ワンちゃんを多くの人や動物に慣らす事が必要になります。
いつもの散歩コースの範囲を少しずつ広げ、慣れるようにします。

飼い主さんがお出かけして留守にしている時に無駄吠えしてしまうのは、飼い主さんが留守にしてる事での不安感や淋しい気持ちなのです。

この場合の無駄吠えのしつけ方は、飼い主さんがいきなり長時間留守にしない事が大事です。
ワンちゃんに留守番をさせる際には【お留守番】等の言葉を必ずかけるようにし、最初は短い時間の留守で徐々に長時間へと慣らしていきます。

真っ暗な中でのお留守番は、小さな子供でも怖いものですので、室内の電気は付けたままにしておくなどの配慮もしましょう。

これらの事を試しながら、無駄吠えのしつけをしてみて下さい。
根気良く行う事で、楽しいワンちゃんとの生活を楽しみたいものです。