我が家へワンちゃんを迎え入れ、楽しいペットライフを考えていたのに噛み癖が出てしまったなんて事がよくあります。

【靴がボロボロ・子供の手を噛んでしまう・カーペットや絨毯までボロボロ】なんて経験をしたことがあるのは、あなただけではありません。

噛み癖のしつけを考える前に、何故噛んでしまうのかを考えましょう。

まだ幼いワンちゃんは好奇心旺盛です。
人間の子供だって小さい頃は好奇心が旺盛なんです。
人間の手がひらひらと前後左右に動くのですから、これほど興味深いものは無いのです。

ワンちゃんがまだ子犬の頃から甘噛みがはじまります。

そのまま噛み癖のしつけをせずに成犬となってしまうと、噛み癖のしつけをしようとしても大変根気が必要になります。

基本として噛み癖のしつけをする場合には、ワンちゃんが噛んで良い物と噛んではいけない物を教えてあげる必要があります。

市販されているワンちゃんのガムやおもちゃ等は噛んでも良いが、人の手や家具・靴等は噛んではいけないものだと言う事を教えるのです。

四六時中部屋の中におもちゃを出しっぱなしにせず、時間を決めて与えるのも噛み癖のしつけに効果があります。

手にわさびやからし、タバスコのような刺激のあるものをぬり、手を噛ませる事でも、
ワンちゃんは【手に噛みついたら変な味がする】と、噛み癖が直る事もあります。

遊びたくて甘噛みしてくるワンちゃんですが、子犬のうちはあまり痛くないからとそのまま放置して、手を噛ませ続けるのだけは辞めましょう。

どうしても自分では上手く行かない等の理由があるのでしたら、ワンちゃんの為でもあるので専用のトレーナーに頼んでみるのも良いでしょう。

噛み癖のしつけはワンちゃんを飼っている家族以外にも影響を及ぼす可能性があるので、早めにしつけができるようにした方が安心です。