犬のお手のしつけは、例えできなきなくても何も不自由しないのですが、
何故かワンちゃんを迎え入れると教えてしまうしつけナンバーワンなのです。

けれど、お手を教える前には【お座り】が出来なければなりません。
お座りのしつけが出来たのでしたらば、お手を教えるのはそう難しくはありません。

基本的には、まずワンちゃんを自分の正面にお座りをさせてから、
ワンちゃんの片手を自分の手の上に乗せ【お手】と言葉をかけます。
最後にワンちゃんを褒めてあげるのを忘れないで下さい。
ワンちゃんは褒められるのが大好きです。出来たその時に思いきり褒めてあげて下さい。

たまにはワンちゃんの大好きなおやつなどでお手のしつけをしてもかまいませんが、
但し、毎回ワンちゃんのおやつを使用するのは辞めましょう。

お座りを教えた時のように、お手のしつけも繰り返し行う事でワンちゃんが理解してくれるのです。
【おかわり】はお手の逆バージョンですが、まだお手のしつけも済んでいないうちから教えるのは良くありません。

少しお手を覚えてくれたからと嬉しくてついついやってしまいがちなおかわりですが、
お手のしつけがきちんと済んでからでないとワンちゃんが混乱してしまいます。

まずは一つの事にじっくりと時間をかけ、
完璧に出来るようになってからおかわりのしつけをするようにしましょう。

【お座り・お手・おかわり】は、ペットをはじめて飼う方でも何とかしつけする事が出来る簡単なしつけなので、
基本中の基本しつけで飼い主とワンちゃんの距離を縮め、より一層大きな信頼関係が築けるようになりますヨ。