犬を一人残して家を留守にする際、一人ぼっちになった犬は無駄吠えや
おしっこ等、困った行動をしてしまうことがよくあります。

犬だって淋しいという感情はありますし、
逆に淋しいという感情が強い生き物でもあるのです。

留守中の犬に手を妬いて、殆ど留守番をさせる事ができないと困っている飼い主さんも多いのです。

では、犬への留守番のしつけはどのようにすれば良いのでしょうか。

まず犬に留守番のしつけをする際には、
最初から長時間の留守番をさせない事です。

慣れるまでは短時間から慣らすようにし、出かける際には犬に一声かけるようにします。

かける言葉は【待っててね・いい子にしててね・お留守番ね】等、
留守番するのだと言う事がわかる言葉で多様せずに、一つに決めて同じ言葉を使うようにしましょう。

留守番のしつけは30分位からならしていくと良いです。

犬が不安がらないように、夜の外出時には電気を付けたままにしておく等の配慮も必要です。
留守中に犬が粗相をしてしまう話も良く耳にしますが、これも犬の淋しさから来る行動なのです。

帰宅した後は、お留守番を上手に出来た事を褒めてあげ、留守の時間を埋めるように可愛がってあげて下さい。

お留守番が上手に出来ると褒めてもらえると言う事を犬に教えてあげるのです。
帰宅して犬の粗相を見つけても怒ってはいけません。

何故ならば、時間が経ってしまうと、犬は覚えていないからです。
何故怒られているのかわからないので、闇雲に怒っても犬には恐怖心しか与えられないのです。
根気良く留守番のしつけをしてみてくださいネ。