犬のしつけには犬の訓練士と呼ばれるプロがいることをご存知でしょうか。

犬の訓練士と呼ばれる人達は、犬の持っている優れた能力を上手に引き出し、
盲導犬・警察犬・介助犬・災害救助犬等のように各分野で活躍する犬を作り上げている人達なのです。

もちろん一般家庭の犬にも様々な訓練をお願いする事が可能です。

尚、犬の訓練士になる為には【犬訓練士】の資格をとらなくてはなりません。
試験は1年に1回で、合格率は100%で簡単に思うかもしれませんが、
本当に心から犬を好きでないと、仕事としてやっていこうと考えてる人には大変です。

その中で【警察犬の訓練士になりたい】と思っている方は、
まず先に、公認の警察犬訓練所へ見習いで入所し【三等訓練士】の資格を所得しなくてはなりません。

盲導犬訓練士になるにも大変で、まず盲導犬協会の職員に採用されなければなりませんし、
最短で3年の訓練士としての研修を終えて、なおかつ最短2年の研修をうけなければなりません。

そしてやっと歩行指導員として認められるのですが、
盲導犬協会の採用は欠損が出たときのみ行っていますので、
欠損が出ない場合はいつまでも待ち続けるようになるのです。

合格率が100%ではありますが、
その後の収入につなげて行くのにはそれなりに苦労が伴うと言う事なのです。
勿論先にも述べたように、犬の訓練士にしつけをお願いする事も可能です。

また、しつけ教室を行っている店舗には通常、犬の訓練士が居ますので、
どうしても、自分でしつけができない場合にはお願いしてみましょう。