ここ数年ペットを巡っての事件が多くなっています。

最近では大型犬が散歩中の小型犬に突然襲って大怪我を負わせてしまい、それにびっくりした別の小型犬が車の跳ねられてしまった痛ましい事件が起こってしまいました。

また、別の地域では嫌がらせの手段として飼い犬の糞を玄関の前に置いたり犬に吠えるようにけしかける様な事をした飼い主が捕まっていました。

本来、犬は古くから人間にとても従順な動物です。そのため警察犬や盲導犬・介護犬など人間社会に多くの犬が役立っています。

高齢化するペットたち。何かが起こる前に

特に最近は子供が巣立ったあとで寂しさを埋めるために、犬や猫・うさぎなどのペットを買う人が増えてきました。まるで子供を育てるように可愛がっている人たちが廻りにはたくさんいます。

朝や夕方になると近くの公園近くには犬を連れた人たちが集まっています。しかし、よく見ると高齢者が高齢になった犬を散歩している姿が多いのに気がつきました。まるで人間社会の高齢介護のようなことが犬と人間の間でもあるようです。

残念ながら加齢が原因での体の変化は犬も人間と同じようです。なので最近では老人介護施設でもペットが飼える施設も増えてきました。

一昔前まではペットと施設に入居できることはありえないことでした。なので、高齢者が施設に入居した場合は残された飼い犬の行き場所はなくて悲しい思いをしていた飼い主もたくさんいたのではないでしょうか?特に独居で生活している高齢者にとっては最後まで大切なペットと一緒に過ごせるのはどんなセラピーより効果があるのではないでしょうか?

また、ペットも家族の一員という考え方は最近では一般社会でもかなり浸透してきています。ペットと泊まれるホテルやレストランなどあらゆるところでペット同伴が可能になってきました。

その一方でペットを巡ってのトラブルもますます増えそうです。

そんな時のための損害保険もあります。また高齢になる前にペット保険とかに入っておかないと犬や猫の保険は月齢による年齢制限があるので早め早めの加入が必要です。家族同様に大切な命。家族同様に保険は何かある前に加入しておく必要があります。